FC2ブログ
 

4匹の猫とかわいいおうちで暮らす

「6匹の猫とかわいいおうちで暮らす」にブログタイトル変更しかけた話

この記事はおうちとは全く関係ない、にゃんこのお話です(*´v`)

花粉はやっと落ち着きましたが、只今春真っただ中です!

春といえば、子猫の季節でもあります。
猫は春と秋が繁殖期で、最も子猫が生まれやすいのがずばり春(4~5月)なのです。
「子猫」または「猫の子」は俳句でも春の季語なんだそうですよ。

かの有名な小林一茶も 「なりふりも親そつくりの子猫哉」という句を詠んでいます。


私がお世話になっている賃貸マンションは、ペット可マンションということもあり、
野良ネコちゃんに寛容な人が多いように思います。

そんな中、今年もずっと住み着いているてんママが子猫を産みました。
てんママ2
このてんママ、産むのはいいんですが、どうも子猫のお世話が苦手なんですよね( ̄▽ ̄;)
去年はてんを放置したまま帰ってこず、カラスに襲われそうになっている所を
私達が助け、なんとか事なきを得たんです。

てんママのお腹が大きかった事は前から知っていたのですが、
いよいよ生まれたのがわかったのが、先週の大雨の夜のことでした。

夜中23時頃に外からニャンニャンと子猫の鳴き声が聞こえます。
気になったので雨の中傘をさして探し回ってみると
なんとマンションエントランスの屋上に3,4匹の子猫が動いているのが、
最上階から見下ろした時に見えたのです!

エントランス部分にはハシゴなど登れる物もなく、
内部からも屋上に出る手段がないような場所なんです。
屋上には屋根もなく、雨ざらしになる子猫たち。なぜこんな場所に・・・
一方てんママはマンションの廊下部分で自分だけ雨宿りしていました(´・_・`)

なんて無責任な親猫なんだ!と怒りを覚えるもどうすることもできず、
その日は心配で一睡もできないまま朝を迎えました。

朝になっても、子猫がか細い声で鳴いているのが聞こえるんです(´;ω;`)
仕事を休むことができず、後ろ髪を引かれながらも出勤しなければなりませんでした。

仕事が終わり大急ぎで帰り、最上階からエントランスを見下ろしてみると、
子猫の姿はありませんでした。

誰かが助けたのか、てんママが自力で降ろしたのか、
あるいは端っこのほうで固まって亡くなっているのか・・・

どうすることもできなかった自分に自責の念を抱きながらも、
考えると辛いので、この事を忘れようと思ったのです。

そんな矢先、昨日の晴れた朝に3匹の子猫を発見しましたヽ(≧∀≦)ノ
子猫1
子猫2
子猫3
生きてたんだ!!!よかった!本当によかった・・・!

元気そうによちよち歩きの子猫たち。少し離れた所で見守るてんママ。
・・・の間にハイテンションで写真を撮る私( ̄▽ ̄)

でもこのままにしていて、またカラスに襲われたらどうしよう・・・
てんママの事は雨の日の一件から信用できません!

うちには既に3匹のにゃんこが居てるし、そこに3匹増えちゃうと6匹に。。
私はいいのだけど、主人や一緒に暮らす事になる父は反対だろうなぁ・・・

なんて考えていると、猫好きのマンション住人さんがカリカリを持ってやってきました。
(野良猫にエサをあげる行為は本来NGです!良い子は真似しないように><)

話を聞くと、この猫好き住人さんも雨の日心配していて、熱心に保護活動もしている方でした。
なんと、昨年のてんの事も知っていて、居なくなったので心配していたそうです。

てんは私が保護して飼っているんですよ(*^_^*)
と言い、写真を見せると大変喜んでおられました♪

この子猫たちはどうしましょうか?と尋ねると、

今はてんママが下手っぴながらもお世話をしているので見守る事にして、
危ない事があれば私が保護します!

猫好き住人さんが言ってくださったので、安心してお任せすることにしました。


子猫を見殺しにしてしまったとブルーな気持ちでしばらく過ごしていたのが一転、
元気な子猫たちの姿を見れた上に、引っ越す前に素敵な猫好きさんと知り合う事になったハッピーな1日となりました♪ちゃんちゃん

※追記※
その後、猫好き住人さんが子猫を保護し、飼い主も決まったようです(*^▽^*)
大変な思いをした子たちなので、これから幸せになって欲しいです。


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ




スポンサーサイト

スポンサーリンク

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する