3匹の猫とかわいいおうちで暮らす

ズボラ人間が考える洗面所のあれこれ①

souji_kitanai_woman.png
口癖は「めんどくさい あとでする 明日やるから」

嫌いな家事は洗濯。
洗濯ボタン押す→干す→取りこむ→たたむ→しまう という工程が、
掃除や料理と違い一気に片付かないところが苦手です💦

小学生時代、通知表の先生一言アドバイス欄は常に、
「はるうちゃんはもう少しお片付けできるようになりましょう。」
整理整頓は△頑張りましょう しか取ったことがなかったような私です(;''∀'')

そんな筋金入りのズボラ人間が考えた、これなら私にもできる!
常に綺麗な状態を保とう洗面所計画です✨
※先に断っておきます。
ズボラ―以外の方には共感の得られない方法かもしれないです(^_^;)


まずは洗面所周辺の間取りです。
洗面所1

キッチンからR垂れ壁を抜けると廊下に続きます。
上のドアはトイレ、吊り収納(下部分は猫トイレ)、洗面所。
下のドアは普段着3人分を全部収納できるウォークインクローゼットです。
奥のドアは父の部屋へと続きます。


ドラム式洗濯乾燥機を使うことで、洗濯の全てをこの場で完結させます。
洗濯・乾燥ボタンを押すだけで、カラッと乾いた洗濯物のできあがり♪
干す→取りこむというフェーズをすっ飛ばす事で、
洗濯によるストレスを大幅に軽減できます。
朝出かける前に放り込んで、帰ってきたら乾燥まで終わっていることが
どれだけ素晴らしいことか!
洗濯していた事をわすれてカピカピになるような事もありません(*^▽^*)

タオル、パジャマ、下着などはそのまま洗濯機横の収納へ
普段着はすぐ下のウォークインクローゼットに4,5歩歩いて行くだけ。


この方法楽だけど、おしゃれ着やシーツなんかは太陽の光でパリッと仕上げたいよね。
それに服の素材によっては乾燥かけるとシワシワになったり、縮んだりしちゃうし。

どうしても外に干したい、太陽の光で乾かしたい衣類は2階へ持っていきます。
2階廊下 バルコニー

階段を上りすぐ横のドアを開けると、サンルームと猫たちのくつろぎスペースを兼ねた
広い廊下に出ます。南側ですので、日当たりも良さそうです♪
奥に進むとインナーバルコニーになっています。

夏の晴れた日はインナーバルコニーで、
雨や湿度が欲しい冬場は廊下のホスクリーンでパリっと仕上げましょうo(^▽^)o

階段の上り下りはありますが、ウォークインクローゼットとの距離は近いので、
そこまでストレスにはならないんじゃないかな~と考えています。

とはいえ、おそらくほとんどの衣類を洗濯乾燥で仕上げる事になると思います。
ズボラ―なので( ̄▽ ̄;)

この方法、なかなか年配の方には不真面目だと理解されないんですが、
今のドラム式洗濯乾燥機ってかなり省エネで高性能になっています。
ヒートポンプ乾燥型のドラム式洗濯機なら、1回の電気代は乾燥までして15円ほどです。
ヒーター乾燥型でも50円ほど。30日×1回50円=月1500円ほどの
電気代で洗濯のストレスが大幅に軽減されるのです。
皆さんいかがでしょうか?個人的にはすごくオススメです♪

次回は洗面所の窓や洗面化粧台などについてお話していきたいと思います(^-^)/


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ




スポンサーサイト

スポンサーリンク

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する