FC2ブログ
 

3匹の猫とかわいいおうちで暮らす

夏の日射遮蔽、冬の日射取得について素人なりに考えてみる。

今回は大事な大事な日当たりのことについて、お話できればと思います。


このブログをご覧の皆さんは季節によって、もしくは晴れの日と雨の日など
天気の違いで気持ちが浮き沈みすることはありませんか?

私は・・・むちゃくちゃあります!

ここのところ晴れの日が続いているので気持ちも晴れ晴れとしています(*^▽^*)
梅雨が明ければ絶好調!やる気に満ち溢れた感じになります✨

ところが毎年、年が明けた1月ごろから、落とし穴にでも落ちたのかな?
というくらいストーンと落ちるんですよね・・・。

その落とし穴に落ちてしまうと、もう何もしたくない、外へも一切出たくない。
100キロの重りでも付いているかのような足を引きずり仕事へ行き、
休みの日はただただ甘いものだけ食べて、コタツから一歩も出ない。

そんなクマさんの冬眠のような状態で3月半ばまでの2カ月半を過ごします。

タブンこれ、冬季うつってやつなんだろうな~と薄々気づいてはいるのですが、
辛い期間を過ぎるとコロッと元気になっちゃうんです。
なので特になにもせずに放置しています( ̄▽ ̄;)

冬季うつは日照時間の減少が原因といわれています。
たしかに辛い冬場でも、晴れている日は落とし穴の深度が浅い気がします。

1年だけ日照時間の短い北陸に住んでいたのですが、
その年の冬は自分史上最強に具合が悪かったです・・・w

sun_yellow2_character.png

そんなダイレクトにお日様の力に左右される私なので、
ぜひとも日当たりの良いおうちに住みたいのです。

ただ、日当たりが良すぎると夏場はおうちの中が
蒸し風呂のような状態になってしまい、余計な光熱費がかかってきます。

暑い夏場は強すぎるお日様の光を遮るように(日射遮蔽)
寒い冬場はお日様の光を取り込んで少しでも暖かく(日射取得)

おうち造りを考える必要があるんですね。難しい!(ノ_<)


そんな難しい問題を解決してくれるのが、庇(ひさし)です。

計画的に軒と庇を作ることで、夏場も冬場もちょうどいい塩梅に
お日様の光をお部屋の中に取り込むことができるようになります。


軒について泉北ホームでおうちを建てられた先輩がわかりやすく記事にされています。

南大阪で欠陥住宅を建て替えるオッサンのブログ(along with 泉北ホーム)
4.屋根について-5


ふむふむ(°_°) 軒の出が深いと夏場の日射遮蔽に有効なんですね。
さらに、雨に対してもおうちが強くなる、いいことずくめですね♪


私達のおうちは、南北に屋根が葺き下りている形の切り妻屋根です。
平面パース

南北に葺き下ろすことで南欧風の特徴であるオレンジ瓦が強調して見えるようになり、
さらに軒の出で日射遮蔽を狙え、非常に合理的な形に収まったのでは思います。

軒の出は60センチ取ってもらっています。
ただ、60センチでは8月~10月頃にかけて、
完全に日射遮蔽することはできないみたいですね(>_<)

デザイン的なことを考えると、南欧風のおうちって軒がほぼないのが
スタンダードなので、これ以上軒を伸ばすということはしたくありませんでした。


それよりも、1階の日射遮蔽の事考えてるの!?
庇がないから直射日光ズドーンって入ってくるよ!

というツッコミが飛んできそうなこの外観。

そうなんです。
このままでは夏場はきっと蒸し風呂状態のお部屋になってしまうでしょう。

なので、外構でこのようなオーニングを取り付けてもらおうかな~と思っています。




突っ張る天井がないので、壁に直で取り付けるタイプのオーニングですね(*´v`)

庇にしなかった理由は、こういう外観が素敵だな~と思ったからです。

おうち図2
またまた下手絵でスミマセン(;´Д`)

どうでしょうか?私はけっこう気に入っています♪

左側の窓は、ちょうど前に自転車、バイク置き場をつくる予定なので、
その屋根で日射遮蔽できるかと思われます。


さらに、フラワーボックスにヒマワリなんかを飾れば、ちょっと影にならないかな~

おうち図

な~んて妄想しています。


そうそう、日当たりといえば西日も大事ですよね。

私達のおうちは南、北、東は隣家とけっこう距離があるのですが、
西側だけ、ピッチリ隣家と接しています。
旧宅でも、西側は直射日光が入ってこなかったので、
そこまで心配する必要はないかな~と楽観視しています。

住み始めてから直射日光が入ってι(´Д`υ)アツィー ってなったら
布製のすだれでも設置しようかな?

おうちのためにも自分のためにも、お日様とは末永く仲良く付き合っていきたいです♪


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ



スポンサーサイト

スポンサーリンク

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する